〈不動産鑑定〉

相続は京都のこちらの専門家に相談してみましょう。予約制であなたの為にしっかりと時間を取ってくれるので、まずは気になったら連絡してみてください。

〈不動産鑑定〉という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
たとえ、〈不動産鑑定〉という言葉自体は聞いたことがなくても、「不動産」と「鑑定」は分かりますから、どういう意味の言葉なのか、ということは分かりますよね。
そう、不動産の価値を測るということ。それが不動産鑑定であるわけです。

でも、わざわざ〈不動産鑑定〉と言い、コレを手がける〈不動産鑑定士〉と呼ばれる人がいるのには理由があります。
不動産の価値というのは、いつでも注目されているからです。
不動産――土地や家屋というものが、一般的に価値の大きなものである、というのはご存知のとおりですが、不動産が「動く」というときには、そこに付いている価値もまた、「動く」ということになるわけです。
具体的に言えば、たとえば遺産相続で不動産が登場したとき。不動産が誰かから誰かの手に渡り、価値もまた移動します。
遺産相続で不動産が登場するのは、実は多い話で、相続される「遺産」のもっとも大きな部分が不動産であることも有名な話です。

ところで、不動産を相続するとなるとさまざまな税金が発生することはご存知でしょうか?いわゆる、相続税というやつ。
これを支払うためには、ひとつ、税金を払う必要があるのか。ふたつ、払うとしたらいくらか?ということを、把握しなければなりません。
税金の支払いは自己申告制なので、このときの「把握」は、自分でやらなければならないのです!

相続でお困りの方は相続 東京の相談所がこちらで紹介されているので利用してみてください。

Category
  • カテゴリーなし
Calendar
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Archive